お探し介護トップ > ニュース > 高齢者の外出機会を応援! 公用車で送迎サービス
 【ニュース】

高齢者の外出機会を応援! 公用車で送迎サービス

コロナウイルス感染症が流行し、外出を控える方が多くなりました。
今までは気軽に行けていた病院や高齢者施設などへもなかなか行けなくなっているのが現状です。
それに伴い高齢者の孤立化が深刻な問題となってきています。
孤立することで、誰とも話す機会を失い、動くことも少なくなると認知機能の低下や体力の衰えなどの原因となります。
そんな問題を改善するべく、大阪府太子町は交通手段として公用車をボランティア団体に無償で貸し出すことに決めました。
以前から太子町は、高齢化に伴い移動支援を求める声が多く上がっていました。
今までは3団体が有償で送迎事業を行っていましたが、
様々な費用がかさみ、各団体が支援を維持するのが困難になってきたため、無償にする取り組みを始めました。
太子町は高齢者の外出支援策として、70歳以上の方が利用できるコミュニティーバスや
金剛バスの100円引きの利用券も発行しています。
ですが、コロナ禍の現在は、公共の交通手段よりも公用車の方が感染対策も取れますし安心です。
そして太子町は坂が多い環境なので、バス停まで歩くのに苦労していた高齢者の方々がたくさんいました。
そんな方々は公用車が送迎してくれることでとても助かっているようです。
こちらのサービスは送迎だけではなく、乗降介助やゴミ出しなども行っています。無償サービスは3団体のうち2団体
・平日の日中
・町役場から半径10キロ以内
・1時間600~800円
で受けられます。
行先は、町内外の病院や駅、買い物などに利用する方が多いようです。挨拶を交わし、送迎の車内などで会話をしながら
穏やかな時間がおくれることで、高齢者の方も楽しく外出できますね。
このような高齢者の足となる支援の取り組みは、高齢者の孤立化対策としてどんどん広げていく必要があります。
ボランティアの方々が安全運転で毎日送迎に集中できるような環境づくり、
そして高齢者の方々が生活しやすい環境づくり、どちらも大   

ページトップへ