お探し介護トップ > ニュース > 棒サッカーが熱い!! 高齢者人気のレクリエーションのご紹介
 【ニュース】

棒サッカーが熱い!! 高齢者人気のレクリエーションのご紹介

棒サッカーというスポーツを知っていますか?
棒サッカーは高齢者の人気レクリエーションスポーツです!
11月25日には「第8回棒サッカー大阪大会」が豊中市で行われ、白熱した試合で体育館が盛り上がりました。
実はこの棒サッカーというスポーツはメディアでも多く取り上げられたほどの人気っぷりなんです。
どんなスポーツなのか、ご紹介させていただきます。

棒サッカーとは、やわらかい棒とサッカーボールを使うスポーツです。
11人のメンバーが横1列に並んで座って行い、相手チームと対峙して左右にあるゴールをめざし打ち合いながら得点を競います。
とてもシンプルで簡単なルールですね。

棒サッカーをやることで高齢者の方々には 多くの効果があります。
・1つのボールを打ち合うことで動体視力や反射神経の活用になります。
・無酸素運動・有酸素運動を行うことでフィジカルトレーニングになり、ストレス軽減や高血圧、心肺機能の向上などが期待されます。
・棒を握る握力や上半身運動、足を踏ん張る身体機能の活用になります。
・これらの運動は脳の活性化にもなり、認知症予防にも大きな効果があります。
高齢者に人気のスポーツと言われるのも納得です!

レクリエーションスポーツは、メンタル面でも大きな影響をもたらしてくれます。
・青春時代にスポーツや趣味に打ち込んだ様々な気持ちを思い出し、若々しい気持ちを持っていられるようになります。
・何事にも挑戦する気持ちを持ち続け、生活意欲や生きがいづくりにつながります。
・チームスポーツなのでみんなでスポーツをする楽しみが生まれます。

これだけの説明でも、棒サッカーはとても良い効果をもたらすことがわかりますね。
高齢者だけではなく、身体や知的障害を持つ方も誰でも参加できるという素晴らしさがあります。
要支援・要介護になっても、100歳を超えても、ハンディキャップを抱えても、生涯続けられるユニバーサルスポーツ、それが「棒サッカー」なのです。   

ページトップへ