お探し介護トップ > ニュース > にぎり寿司で笑顔を届ける、出張にぎり寿司サービス
 【ニュース】

にぎり寿司で笑顔を届ける、出張にぎり寿司サービス

高齢者の人気メニューの定番と言えば、何といっても高級なお寿司ですよね。
現在のこのようなコロナ禍では外食もできず、なかなか大好きなお寿司も食べに行けない高齢者の方々は多いのではないでしょうか。

そんな中、出張にぎり寿司サービスで利用者の方々に笑顔を届けるというサービスが人気です。
この出張にぎり寿司サービスとは、すし職人さんが要望のあった場所に出かけてお寿司を握る、というものです。
各ご家庭の法要やイベントのケータリングなどにも使われることも多いようですが、介護施設に来ていただくこともできるのです。

島根県浜田市にある介護施設「あいおいの家」では、ある日の献立がなんと「出張にぎり寿司」でした。
当日は大漁旗の暖簾も用意されたいきな計らいもありました。
メニューは浜田港で取れたばかりの新鮮なのどぐろやいくら、ウナギや鯛を使ったものばかり!!
利用者の皆様は、握りたてのおいしいお寿司を食べられて、大変ご満悦だったそうです。
またいつもと違う食事時間を過ごせて、心も生き生きなされたことでしょう。
このイベントの様子は、感染症対策で面会に来られないご家族の方々にもYou Tubeで配信したので、遠方に住むご家族・親戚の方々にも喜ばれたことと思います。

コロナウイルス感染症対策で、直接面会に制限をもうけられている今、高齢者介護施設にもこのようなサービスで利用者の方々やご家族の方々に笑顔を届けられることはとても素晴らしいことですね。

出張にぎり寿司は、おこなっている会社によっては介護施設への対応としてキザミ食やソフト食、海苔不可などの対応をしているところもあります。
コロナ禍で仕事が減ってしまっているお寿司屋さんも、依頼を受けて売り上げUPにつながるいい機会になっているようです。
介護施設では様々なイベントに制限がかかったり中止になっている今、このような方法で利用者の方々に楽しんでもらえる工夫をどんどん取り入れていってもらいたいですね。
  

ページトップへ