お探し介護トップ > ニュース > コロナで悩んだらLINEで相談!老施協会、介護職員向け相談窓口「JSここメン(こころメンテ)」運用開始!!
 【ニュース】

コロナで悩んだらLINEで相談!老施協会、介護職員向け相談窓口「JSここメン(こころメンテ)」運用開始!!

 コロナ感染者数は下げ止まりの動き、というニュースも聞かれるものの、依然として重警戒は必要で、長期化が続くコロナ禍。いつになったら収まるのか、先の見えない状況が続く中、とくに重篤化しやすいとされる高齢者を抱える介護職員の負担は精神的にも物理的にも重くなる一方です。

 そこで、特別擁護老人ホームの経営者らで組織する全国老人福祉施設協議会は、リニューアルした介護職員向けの相談窓口「JSここメン(こころメンテ)」を発表。先週より運用を開始しました。

 気分の落ち込み、モチベーションの低下、職場の人間関係、介護感の違い、体調面の不安などといった悩みに関する相談をLINEやメールで新たに受け付け、専門家が幅広く対応。匿名、被道厳守で話を聞いてもらえるので、誰にも相談できない悩みを抱えている人にはうってつけです。料金は無料。期間は来年3月までの予定。

 電話とメールの相談は、特設サイトの「CONTACT」から申し込み。専用フォームでニックネームや連絡先等を入力し、カウンセリングのツール(電話かメール)や希望する担当者、予約日時などを選択します。LINEを使いたい場合は、専用アカウントを友達登録すればチャットをはじめられます。

 相談に対応するのは、産業医や保健師、心理カウンセラーなどで、担当者やツールによって相談できる時間が決まっているため、事前に特設サイトで確認してから選ぶほうがいいでしょう。

「ストレスは気がつかないうちに溜まっているもの。都合の良いおきに気兼ねなくご利用ください」と、特設サイトでは呼びかけています。

  

ページトップへ