お探し介護トップ > ニュース > 東京都医師会、介護施設へ「PCRカー」を派遣し集中検査する「mobileチーム」創設
 【ニュース】

東京都医師会、介護施設へ「PCRカー」を派遣し集中検査する「mobileチーム」創設

 感染者が日々最高を記録している新型コロナウイルスへの対策において、改めて政府の無能無策ドタバタぶりがあらわになっています。アベノマスクしかり、Gotoトラベルしかり、いちいち取り上げるのもバカらしくなるほどのブレまくりようですが、個人的に最も重要な問題だと思うのは、この期に及んでもまだ検査体制が整っていないこと。感染の疑いがある人を、すぐ検査することさえできないようでは、感染拡大を防ぐなんて到底無理なんじゃないでしょうか。

 そんな中、東京医師会は、介護施設で新型コロナウイルスのクラスターが生じた恐れのある場合などに対応するため、速やかに“PCRカー”を派遣して、集中的に検査を行う「Mobileチーム」を創設した、と発表しました。

 “PCRカー”は、現場から要請を受けて派遣するかたちで運用され、1台の“PCRカー”で1日に200人から300人ほどの検査が可能だそうです。

 「PCR検査を集中的に実施するかなり効果的な方法」との認識を示すのは、猪口正孝副会長。ただし、「広い庭などがあれば問題ないが、無いところも少なくない。そこで地域住民の理解を得られないケースもある」と、施設によってはスペースの確保が問題になる、と指摘。そのうえで、「PCR検査を行なったからといって、離れている方に感染することはまずない。地域住民の方にお認めいただけるとうまく働ける。ぜひご理解をいただきたい」と呼びかけました。

 ほとんどが高齢者の介護施設でもしクラスターが発生すれば、どこよりも生命の危機に直結します。そうならないためには、地域住民のご理解とご協力も欠かせない、ということですね。みんなで助け合って、一丸となって、この未曾有の危機を乗り越えましょう。

  

ページトップへ