お探し介護トップ > ニュース > ユニバーサルデザインフード適合の新商品「白かゆRT」「ぜんざいおはぎRT」発売
 【ニュース】

ユニバーサルデザインフード適合の新商品「白かゆRT」「ぜんざいおはぎRT」発売

 当お探し介護ニュースでは珍しく、食品の情報です。アルファ化米を主軸に加工米飯の製造・販売などを行っているアルファー食品株式会社(本社:島根県出雲市)は、水、食器、調理不要で温めずにそのまま食べられ、そしゃく機能にも配慮したレトルトシリーズの長期保存食『白がゆRT』と『ぜんざいおはぎRT』を8月17日より発売開始します。

 特定原材料等(アレルギー物質)28品目不使用、かつ日本介護食品協議会が定めるユニバーサルデザインフード規格の適合商品である本シリーズは、袋をそのまま容器として使用でき、スプーンが段ボール内に付属しているため、緊急時の初期対応やライフラインが途絶えているときなどでも食器の用意が不要で、開封後温めなくてもすぐ食べられるので、高齢者がいるご家庭での非常食としておすすめ。日本災害食学会認証商品でもあり、常温で5年間長期保存が可能。

 もちろん温めるとさらに美味しく食べられるので、アウトドアや旅行、食物アレルギーを持つお子様の外食・行楽地での食事、介護食などさまざまなシチュエーションで活用できます。今なら新型コロナでステイホームの中、簡単な朝食や夜食などもいいですね。

 『白がゆRT』は、国産米100%を使用し、ほどよい塩加減で食べやすく仕上げています。『ぜんざいおはぎRT』は、国産100%のうるち米と北海道産小豆を使用し、ほどよい甘さに仕上げたぜんざいを融合させた主食としても甘味としてもいただけます。

 近年は介護食も著しく進化しており、さまざまな介護食が次々と登場していますが、非常食にもなる介護食、というのはまだそんなに多くはないように思いますので、こうした商品がどんどんラインナップを増やしていくことを期待します。



  
ユニバーサルデザインフード適合の新商品「白かゆRT」「ぜんざいおはぎRT」発売

ページトップへ