お探し介護トップ > ニュース > 厚労省、介護施設・事業所への布製マスク配布に関する専用相談窓口を開設
 【ニュース】

厚労省、介護施設・事業所への布製マスク配布に関する専用相談窓口を開設

 当お探し介護ニュースで以前、「政府、介護施設に『少なくとも1人1枚』布製マスクを配布」という記事を掲載しましたが、その続報と言っていいでししょう。厚労省は昨26日、全国の介護施設・事業所への布製マスクの配布に関する専用の電話相談窓口を開設。介護保険最新情報Vol.794で周知し、現場の関係者に活用を促しています。

 電話番号は0120―829―178。受け付けは9時~18時。土日祝日も休まず対応していくそうです。

 厚労省の計画では、新型コロナウイルスの流行による影響踏まえ、布製マスクを4月上旬までにすべての介護現場に配布する、とのことで、その総数は2000万枚超。すでに発送作業は本格化しており、今回の通知では、「布製マスクが届いていない旨のお問い合わせは、4月11日以降に電話相談窓口へ」とアナウンス。合わせて、布製マスクの洗い方をレクチャーするYou Tubeも紹介しています。

 また、布製マスクには国からの「お知らせ文」も同封されており、その中では、訪問系・通所系サービスの利用者の分を配布する居宅のケアマネージャーらに改めて協力を要請。「1人1枚配布して頂いたうえで余った分については、各施設・事業所の判断で適切にご活用ください」と呼びかけています。

 これでマスク不足が解消されればいいのですが、それにしても、使い捨てが当たり前だったマスクが、これからは布製のものを洗って何度も使い回すのが主流になっていく、ということかもしれませんね。
  

ページトップへ