お探し介護トップ > ニュース > 全国の桜を介護施設にライブ中継お届け!「桜プロジェクト」スタート!!
 【ニュース】

全国の桜を介護施設にライブ中継お届け!「桜プロジェクト」スタート!!

 そろそろお花見の季節到来、ですが、新型コロナウイルスによる自粛要請が出ていますから、今年の花見は無理だろうなあ、とあきらめている方、多いのではないでしょうか。また介護施設では、新型コロナがなくてもお身体の状態により外出が難しく、花見をしたくてもできない利用者も少なからずいらっしゃることと存じます。

 そんな外出することが困難な介護施設の利用者が、介護施設にいながら、外出することなく桜を楽しむことができるという、名づけて「桜プロジェクト」がスタートしました。

 これは介護領域特化のスキルシェアサービス「スケッター」を運営する株式会社プラスラボ(http://www.plusrobo.co.jp)と、介護向け旅行サービス「旅介」を運営する東京トラベルパートナーズ株式会社(http://www.tokyotravelpartners.jp)との共同により、テレビ電話ツール「ZOOM」を活用して遠隔で施設に満開の桜を届けるプロジェクト。全国にいるスキマワーカーの「スケッター」が利用者の代わりに桜の名所などの赴き、桜をライブ配信します。

 「桜プロジェクト」はスケッタープランと旅介プランの2プラン。スケッタープランは、まずスケッターサイトの「法人登録」をし、「お仕事作成画面」にて希望の日時で案件(桜のライブ配信依頼)を投稿。スケッターから応募があれば、マッチング成立です。

旅介プランは、旅行会社が実施するお花見ツアーとして、介護施設向けにお花見中継ツアーを造成。桜前線に合わせて、満開の桜をバスガイドや現地ガイド、添乗員のツアー案内とともにツアーに参加するお花見プランで、ご当地のお土産を事前に介護施設に送り、映像と食がリンクするツアーなど、映像と現実の感動を融合した新しいツアーを作成していく、というもの。ツアーの作成や撮影、リポーター役などで全国のスケッターを利用していく予定だそうです。

 スケッタープランのお問い合わせは(info@plusrobo.co.jp)、旅介プランへのお問い合わせは(info@ttps.co.jp)まで。
  

ページトップへ