お探し介護トップページ > お探し介護ニュース > 親世代の一人暮らしの不安を解消するには

親世代の一人暮らしの不安を解消するには

高齢化が進み、8割の人が老後の独居生活を不安に思っています。60歳から70歳の人のうち、子どもと同居または近居を希望する人が60%以上に及んでいます。しかしながら核家族化が進んだ現在、子どもが親との同居・近居が無理な家庭も多いのが現状です。
そこで、一人暮らしの高齢者の買い物、食事作りなどの身の回りの世話や安否確認のサービスが求められており、市町村が行う介護予防、日常生活支援総合事業が期待されています。この事業では市町村が独自の基準で介護サービスを行い、要介護認定を受けていなくても、有償で支援を受けることができます。また地域住民の助け合いにより高齢者が住み慣れた土地で生きがいのある生活をすることを目指しており、地域の人々のボランティアやNPOなどの協力が期待されています。特にシルバーセンターや元気な高齢者がその地域の支援の必要なお年寄りを支えていくならば、互いに生き生きとした老後を過ごすことが可能になるはずです。子ども世代は親世代のためにそうした情報を集めておく必要があります。   
親世代の一人暮らしの不安を解消するには

ページトップへ