お探し介護トップページ > お探し介護ニュース > 介護分野の報告書の趣旨と対象について

介護分野の報告書の趣旨と対象について

現在の日本は少子高齢化が進んでいて、社会保険制度の改革が課題です。介護については、高齢化が進んでいるので仕事の両立をいかに図るかが緊急の課題です。平成26年に介護保険法が改正されていて、地域包括ケアシステムの構築に向けた改革が行われいます。平成27年にスタートした第6期介護保険事業計画では、平成37年を見据えた計画が策定される等が取り組まれています。
介護サービス事業者が提供する介護保険の対象になる人を対象にして調査を行っています。保険外サービスで提供される生活支援サービスは、家事代行業者も同様のサービスを行っていて、介護サービス事業者が利用者やその家族に対しての保険サービスに対して調査をしてます。方法はアンケート調査を介護事業者に対して行っていて、利用者に対してもアンケート調査を実施しました。その他にはヒアリング調査を株式会社や社会福祉法人等に、意見交換会を有識者から意見徴収のために開催しています。   
介護分野の報告書の趣旨と対象について

ページトップへ