お探し介護トップページ > お探し介護ニュース > 指先でなくてもボタンが押せるテレビ用リモコンが発売

指先でなくてもボタンが押せるテレビ用リモコンが発売

パナソニック エイジフリー株式会社は、指を自由に動かすことのできないため普通のテレビ用リモコンの操作が難しい人々を対象にした「レッツ・リモコン」2タイプを発表しました。これら新しいテレビリモコンは「介護の日」である11月11日より販売開始されます。
手指が自由に使えない人々は、テレビのリモコン操作でさえも苦労しています。彼等は一般の人よりはるかに長い時間をかけてリモコンのボタンを押すか、家族など身近な人々に操作を頼む必要があるため、テレビを見るという比較的簡単な行為からも、強いストレスを感じていました。そのためパナソニックは社内のベンチャー会社から障がい者向けテレビリモコン「レッツ・リモコン」シリーズを発表し、2010年3月のベンチャー会社解散後も関連会社から引き続き発売を続けてきたのです。
今回新しく発表された「レッツ・リモコン AD」及び「レッツ・リモコンST」は、共に大型ボタン6つのシンプルデザインで、こぶしや親指でもボタンを押すことができるデザインになっています。リモコンをテレビに向ける必要さえありません。特に操作に困難な人に向けたADタイプの場合、身体の状況に応じたさまざまなスイッチを接続することも可能になっています。   
指先でなくてもボタンが押せるテレビ用リモコンが発売

ページトップへ