お探し介護トップページ > お探し介護ニュース > 高齢者施設の災害時の避難計画を調査
NEW

高齢者施設の災害時の避難計画を調査

厚生労働省は、高齢者施設における災害時の避難計画について初めて全国調査する方針を固めました。岩手県でグループホームに入居する九人の高齢者が台風による大雨被害により死亡した事を受け、グループホームだけでなく特別養護老人ホームや有料老人ホームショートステイ施設など、全国にある夜間の宿泊サービスを行う施設が対象となっています。
介護施設事業者には介護保険法に基づく運営基準が定められており、その中で避難計画づくりが求められています。しかし、守られていなかったり、徹底していない施設もあるとされています。
地方自治体に通知を出し、施設の立地をはじめ、災害時の情報をどのように入手するか避難経路や避難場所の確保などを調査する方針です。避難計画に不備などがあれば早急に対処するよう促します。こうした動きは高齢者施設だけでなく、避難準備警報などが発令された場合などにおいて高齢者や障害者の方が避難する段階にあると意識を高め、共有する事につながります。   
高齢者施設の災害時の避難計画を調査

ページトップへ