お探し介護トップページ > お探し介護ニュース > 各地に広がる富山型デイサービスの魅力とは

各地に広がる富山型デイサービスの魅力とは

現在、注目を集めているデイサービスが富山生まれの「富山型デイサービス」です。富山型デイサービスの特徴は、障害や年齢によって施設を分けず、赤ちゃんや子供、高齢者、障害者が同一施設で過ごすところにあります。
富山型デイサービスの施設は、民家を改装して作られていることが多いのも特徴です。バリアフリー化は進めながらも、畳敷きの空間や台所のある、利用者にとって馴染みある雰囲気となっています。民家を改装したこじんまりした空間で、スタッフや他の利用者が近い距離で接することができ、まるで友人の家に行くかのような気軽な感覚で利用ができます。また、富山型デイサービスの施設では、高齢者に限らず、障害者のデイサービスや、乳幼児の一時預かりが可能な施設が多くみられます。核家族化の進む現代において、幅広い人々と接点を持つことのできる貴重な環境となっています。
富山型デイサービスにみられるような民間の小規模施設は、かつては国や自治体の補助対象外でしたが、平成5年に富山型デイサービスの前身となる小規模の民間福祉サービスがスタートすると、富山県も賛同して独自の助成制度を作れるようバックアップをしました。平成15年には、富山県が国から「富山型デイサービス推進特区」の認定を受けました。そして、この取り組みが、県内の特区に限らず、全国各地に広がっていきました。行政はもちろん、地域の自治体とも連携する富山型デイサービスは、地域のこれからを支えるサービスとして支持されています。   
各地に広がる富山型デイサービスの魅力とは

ページトップへ