お探し介護トップページ > お探し介護ニュース > 生駒市が認知症初期集中支援チームをスタート

生駒市が認知症初期集中支援チームをスタート

奈良県生駒市が、認知症初期集中支援チームである「生駒市オレンジチーム」をスタートさせました。認知症初期集中支援チームとは、認知症患者とその家族を対象に、認知症の診断、医療や介護サービスの紹介など、健康を維持するためのさまざまな支援を行うための、専門家から構成されたサポートグループです。
生駒市オレンジチームは、保健師や精神保健福祉士、社会福祉士といったメンバーで成り立っています。やまと精神医療センターの認知症の専門医がチームに協力します。支援の対象となるのは、市内在住の40歳以上の「認知症あるいは認知症ではないかと不安に思っている人」やその家族のうち、十分な医療介護サービスを受けていない方々です。このチームはこれらの人々の家庭を訪問し、症状の確認、必要な支援の検討、受けることが可能なサービスの案内などを行います。
生駒市が「オレンジチーム」をスタートさせたのは、今後の認知症患者の増加に備え、たとえ援助や介護を必要とする患者であっても、住み慣れた地域に安心して暮らすことができるようにするためです。   
生駒市が認知症初期集中支援チームをスタート