お探し介護トップページ > お探し介護ニュース > 健康が関係!?20年で認知症発症率は20%減!

健康が関係!?20年で認知症発症率は20%減!

英ケンブリッジ大学のチームが英国国内における認知症に関連した新たな調査結果が発表しました。調査の内容は1年間に認知症になる人の割合を比較したものですが、20年前と比べると約20%も認知症になる人が減少したということです。そして減った人は男性が中心でした。
減少した主な原因は、まだわかっていません。ただ考えられる原因として挙げるとするのなら、喫煙の減少や血管の状態が改善したことではないかと言うことです。今後も認知症の発症を抑えて増加を食い止めるならば、より一層社会全体で健康増進を図ることが必要ではないか、そこに可能性があると見ています。
大学のチームは1990年前後に英国国内を3つの地域に分け、65歳以上の計7600人の方に認知症の発症率について調査しました。91年と同じ割合で認知症になるのなら2015年には約25万人の方が発症するはずでした。しかし、実際は20%少ない約21万人と抑えられた結果になりました。   
健康が関係!?20年で認知症発症率は20%減!