お探し介護トップページ > お探し介護ニュース > 災害での二次的な被害をどうやって防ぐか

災害での二次的な被害をどうやって防ぐか

震災で命を守るためには工夫が必要です。車中泊が多くなると血の流れが悪くなり、足に血栓ができてしまうことで体調が悪くなるエコノミークラス症候群につながってしまいます。また避難所で座ってばかりいることでも発症しやすい状態になり、トイレに行く回数を少なくするために水分補給を控えることでも血栓ができやすくなります。このような震災での二次被害を防ぐためには、派遣されている看護師や医師が注意を避難所などで呼びかけて確認をすることが重要です。そして、足をマッサージしたり運動することでも予防ができます。水分もこまめに補給することを心がけましょう。被災者同士で声を掛け合いながら、お互いに注意喚起をし合うことが大事です。
動きが少なくなってしまうと高齢者は生活不活発病を発症しやすくなるので、したいことが見つけられる生活環境を保てるように注意していく必要があります。避難所の中でも、普段の暮らしに近づけるように努力していくことが重要です。   
災害での二次的な被害をどうやって防ぐか

ページトップへ